受付時間

  • 086-264-0858
  • アクセス方法

膝痛

お悩み

  • こんなお悩みで困っていませんか?
  • 薬や湿布を貼っても膝の痛みが治らない
  • 膝の手術はしたくない
  • 長年の膝痛で悩んでいる
  • 病院に通っているけれど痛みが緩和しない
  • 正座ができない

膝痛の原因とは?|岡山市南区 ひだまり鍼灸整骨院

膝痛の原因は、人が立っているとき片方の膝にかかる負荷は、体重の約1.1倍にも及びます。

単に上体の重さを支えるだけなら、片脚にかかる負荷は体重の半分で済みそうです。しかし実際には、体が倒れないよう、膝の回りの筋肉が引っ張り合っているため、その負荷も加わるのです。

歩くときは、膝への負荷はさらに大きくなります。片方の膝に、体重の約2.6倍もの負荷がかかります。

特に大きな負荷がかかるのは、階段を下りるときです。このとき、先に下ろしたほうの膝には体重の約3.5倍もの力がかかります。階段を速く下りたり、走ったり、ジャンプしたりすると、膝はさらに大きな衝撃を受けます。

膝痛を放置していると…|岡山市南区 ひだまり鍼灸整骨院

歩き始めや階段を下りる際に感じる膝の痛みは、強い痛みではないうえに、痛くないときもあり、何となくやり過ごしてしまう人もいます。

痛みを和らげようと、自己判断で湿布や鎮痛剤、サプリメントで改善を試みる人もいるでしょう。しかし、わずかなひざの痛みであっても放置するのは大変危険です。

40代以降で発症するひざの痛みの多くは「変形性膝関節症」と呼ばれる病気が原因の可能性が高いです。

ひざ関節のクッションの役目をしている軟骨がすり減ることで、ひざ関節が変形していくのですが、痛みと関節の変形は必ずしも一致しません。そもそも痛みの感じ方は人それぞれであり、変形の仕方によっては痛み以上に病状が悪化し、あっという間に歩行困難になってしまうケースもあるのです。

症状を良くする為に|岡山市南区 ひだまり鍼灸整骨院

加齢による変形性膝関節症が原因と思って来院される方が多いのですが、それ以前に元々の膝の使い方や、筋肉のバランスが悪いという方が実はとても多いです。なので、「もう年だから」「変形してしまっているから」膝の痛みはしかたないものと諦めている方も珍しくありません。

姿勢不良や怪我、長時間の膝への負荷などといった膝にかかる負担によって筋肉や骨、軟骨といった組織が痛んでいることによるものが多いです。

猫背や巻き型などの姿勢の崩れが前かがみ姿勢に繋がり、重心が前方にズレてきます。そのため歩いている時の足の着地時に衝撃が強くなり、膝関節への負担が大きくなってしまいます。

膝痛をかばうことで、体全体のバランスが崩れてしまい、腰痛や肩など他の部位の痛みに繋がってくることもあります。膝は日常生活において毎日のように使う箇所です。ですから身体の中でも比較的痛みが表れやすい箇所でもあります。とくに高齢者や日常的に運動をされる方にとっては尚更のこと。膝を動かさないことによる痛みは、適度な運動で改善や予防につなげることができます

岡山市南区 陽だまり鍼灸整骨院での治療の流れ

岡山市南区の陽だまり鍼灸整骨院では、問診時にお身体のどこに問題が起きているのかを明確にして、膝痛に対してまずは膝周囲の皮膚、筋膜にアプローチいたします。その後、骨盤や骨格にアプローチします。

膝痛を改善するには、当院独自の手技で膝周囲や太ももの皮膚や筋膜へアプローチし、皮膚を緩め、筋肉のコリを取り除きます。また、膝痛が緩和後、骨盤、背骨を調整します。

骨盤と背骨を調整することで、骨格の歪みを調整し、バランスを整えていくことで姿勢の改善に繋がります。

その人本来の骨格になることで自然治癒力を最大限に上げ、血流改善、筋肉のコリが変化していきます。今は慢性的な痛みだとしても、今後、変形性膝関節症になってしまう可能性もありますし、既にそのような重い症状を診断されている場合には早めの来院をおすすめします。
膝痛でお困りの方は、岡山市南区の陽だまり鍼灸整骨院にご相談ください

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 鑑別・治療提案
  4. 施術
  5. 今後の治療方針
  6. お大事に

お問い合わせ・ご予約

陽だまり鍼灸整骨院

  • 086-264-0858
住所
〒702-8042
岡山県岡山市南区洲崎3丁目15−31
駐車場
15台完備(院前に有り)
保険の
ご利用
健康保険、自賠責保険、労災等
クレジット
カード
利用可能
※自由診療のみ利用可能。
ご予約
予約優先制(直前でも可)

受付時間