受付時間

  • 086-264-0858
  • アクセス方法

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くとおしりから足にかけて痛みが出る
  • 少し歩くと痛みが出るが少し休憩すると痛みが治まる
  • 仰向けで寝ることができない
  • 起床時、痛くて起き上がることが辛い
  • 歩くのは辛いが自転車は乗ることができる。

脊柱管狭窄症とは?|岡山市南区 ひだまり鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症は腰椎の変性や変形によって、脊髄が通っている箇所が神経や血管を圧迫してしまい発生してしまいます。症状としては腰痛や足の痺れがありますが、必ず症状があるとは限らないため注意が必要です。

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。この症状により長い距離を続けて歩くことができません。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

脊柱管狭窄症の原因|岡山市南区 ひだまり鍼灸整骨院

腰椎が神経を圧迫してしまう原因は、姿勢の悪さにあります。上半身の重みを腰椎一本で支えている状態ですので、腰を丸めて長時間の作業などを繰り返すと変形してしまいます。

偏ったからだの使い方、柔軟性の低下などによって、からだの筋バランスがくずれたり、骨盤や骨格にゆがみがおこることによって関節や脊柱管の部分に無理な力がかかり炎症がおこっていることがが原因です。

さらに、その炎症による痛みによるストレスや自律神経の乱れなどの要因が重なり痛みの悪循環を引き起こしてしまいます。もちろん重篤な疾患が腰痛に隠れている場合もありますので画像診断も大切ですが、画像診断がすべて痛みの原因を表している訳ではありません。

痛みの悪循環をそのままにして安静にし過ぎると、筋力が弱くなってさらに動く事ができなくなり、もとの生活に戻りにくくなってしまいます。

脊柱管狭窄症を放置していたら危険?|岡山市南区 ひだまり鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症になってしまうと歩いて休んでを繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)という症状が現れます。

進行すると、歩ける距離、時間が短くなり長距離を歩くことができなくなります。歩行困難になると足の筋肉だけでなく、全身の筋肉が衰えてしまいます。

さらに、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れる事もあり、日常生活に支障が出てくる場合には手術を行う必要性も出てきます。

当院の整骨院脊柱管狭窄症の治療|岡山市南区 ひだまり鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症は変形した腰椎を治せれば解決できるのですが、実は腰椎は変形してしまうと元に戻りません。しかし、変形した腰椎の負担を減らすことは可能ですので、圧迫してしまっている神経を助ける施術が必要になります。

陽だまり鍼灸整骨院では、骨盤の矯正を行い土台から改善をしていくと同時に骨盤の周辺の筋肉もほぐしていき、骨盤が矯正しやすい環境に整えます。そして、筋膜調整を行い血流の改善することで神経の圧迫を減らすことができます。

脊柱管狭窄症は長期間にわたり、腰椎が変形するため1度の施術では効果は現れません。しかし、複数回施術を行うことで徐々に原因を改善していくことができます。

脊柱管狭窄症=手術と診断する病院も多いため、絶望して来られる方もいますが、整骨院で施術することで痛みや症状を緩和することができます。脊柱管狭窄症でお困りの方がいたら岡山市南区の陽だまり鍼灸整骨院へお越しください。

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 鑑別・治療提案
  4. 施術
  5. 今後の治療方針
  6. お大事に

お問い合わせ・ご予約

陽だまり鍼灸整骨院

  • 086-264-0858
住所
〒702-8042
岡山県岡山市南区洲崎3丁目15−31
駐車場
15台完備(院前に有り)
保険の
ご利用
健康保険、自賠責保険、労災等
クレジット
カード
利用可能
※自由診療のみ利用可能。
ご予約
予約優先制(直前でも可)

受付時間